先生

気になるほうれい線を消す方法|パパッと整形マジック

顔のしわをなくすには

顔の手入れ

顔の表情筋の使い方

鼻の両脇から唇にかけて八の字にできるしわをほうれい線と呼ぶのです。ほうれい線があることで、顔の印象は老けて見られがちなのです。老化によってほうれい線は目立つようになりますが、若い世代の人でも悩む人は多いのです。ほうれい線ができる原因には加齢、むくみ、乾燥、骨格、猫背、肩こり、表情筋の衰えなどが考えられるでしょう。老化するにつれ頬の脂肪は垂れてくるのです。たるみを改善させるために、顔の表情筋を使うように心がけたり適度な運動を行うようにしましょう。柔らかい食べ物ばかりを好んで食べることは、頬のたるみに繋がるでしょう。硬い食べ物を噛むことで、顔の筋力を鍛えることができるのです。ダイエットを繰り返す行うことで、皮膚がたるみやすくなりほうれい線が目立ちやすくなるので気をつけましょう。

紫外線や乾燥で起こる現象

皮膚に水分が足りていないと、肌の保湿機能は低下して乾燥してしまうのです。乾燥によって肌のハリや弾力が失われることで、シワができやすくなるでしょう。紫外線は体内のコラーゲンを破壊してたるみを作る原因になるのです。お風呂からでたらすぐに化粧水や乳液で肌に潤いを与えてあげましょう。外出する時は紫外線対策を行うことも大切です。夏場は特に紫外線が強いので、日傘や帽子でカバーするようにしましょう。自宅の中にも紫外線は入り込んでくるので、紫外線をカットできるカーテンなどを利用するのも良いでしょう。ほうれい線対策にはマッサージ、ツボ押し、筋トレなどがあるのです。プチ整形やレーザー治療などもほうれい線対策の一つでしょう。それぞれにメリットがあるので、自分に合った対策方法を考えましょう。